郷土資料室

中央図書館内にある郷土資料室は、旧浜松市を中心に、現在の浜松市、静岡県、三遠南信についての資料(本、新聞、地図、パンフレットなど)が約5万点あります。
地域研究や調べ学習にご活用ください。

主な所蔵資料

・地域の歴史に関する本(浜松市史、静岡県史など)
・地域の人物に関する本
・過去の新聞(地域版)
・地域の学校・企業・団体に関する本(学校史、社史など)
・地域の個人・企業・団体・官公庁などが出版した冊子
・地図(古地図、絵図を含む) 
  →所蔵している絵図の一部をご覧いただけます。(無断複製・転載をお断りします。)
    ・遠江国拾ニ郡村絵図(浜松市南部・浜名湖周辺)(JPEG形式:765KB)
    ・遠江敷智郡浜松御城下略絵図(浜松城付近)(JPEG形式:1059KB)

利用について

郷土資料室の資料は閲覧用ですので貸出していませんが、中央図書館内や地区図書館に貸出できる本がある場合がありますので職員にご相談ください。また著作権法の範囲内で必要な箇所をコピーすることができます。(1枚10円、カラーコピーは50円)
《こんな使い方も!》
郷土資料室にある資料索引カードを利用し、キーワード(例:『遠州灘』『徳川家康』など固有名詞)」で郷土資料室のどの本の何ページに調べているデータがあるか探すことができます。
(参考)「郷土資料室の資料のさがし方」(PDF形式:157KB)
     「郷土資料室のご案内~こんな資料で調べてみよう~」(PDF形式:274KB)

郷土研究講座

前期と後期に分けて各3回ずつ開催しています。前期は古文書解読、後期は毎年テーマを決めて開催しています。開催・募集については、広報はままつや図書館ホームページでご案内いたします。
(参考)後期分の過去の開催テーマ(PDF形式:42KB)

古文書解読会

ご自宅などで、読めないためにそのままになっている古文書や掛け軸を専門家が解説し、由来や意味を説明する解読会を年1回開催しています。(鑑定会、勉強会ではありません。)
開催・募集については、広報はままつや図書館ホームページでご案内いたします。

展示会の開催

浜松読書文化協力会との共催で、年1回中央図書館にて、地域の歴史に関する展示を開催しています。また、展示内容を紹介した冊子を作成して、郷土資料室にて、お一人様につき一部お分けしています。
(参考)平成24年度開催「写真展・昭和30年代の浜松」冊子(PDF形式:3421KB)
     平成23年度開催「浜松城時代の徳川家康展」冊子(PDF形式:1332KB)


郷土資料の販売について

郷土資料の販売

「浜松市史」はじめ、浜松市郷土資料を販売しております。
ご希望の方は、2階郷土資料室へお越し下さい。
※そのほか市内の図書館でも販売を取り次ぎます。

郷土資料の詳細は郷土資料関連からご覧ください。

寄贈のお願い

郷土資料室では、浜松市内をはじめ静岡県内に関わる資料を収集し、調査研究に活用しております。特に入手しにくい社史、記念誌、個人出版や地域の団体の研究成果の資料、古い地図等寄贈していただけるものがありましたら、ぜひお願いいたします。
なお寄贈は図書館に持ち込んでいただくことを原則とし、寄贈後の取り扱いは浜松市立図書館に一任させていただきます。郷土資料に関しては古いもので状態がわるくても貴重なものも多くありますので、くわしくは郷土資料室の職員にお問い合わせください。

携帯電話用ホームページ

携帯電話用ホームページQRコードQRコード読取対応のカメラ付携帯電話で簡単にアクセスできます。

http://www.lib-city-hamamatsu.jp/m/