はままつ図書館だより|浜松市立図書館

はままつ図書館だより

はままつ図書館だより3月号  はままつ図書館だより  2017.3月 No.136(PDF:445KB)


2017年3月10日号 No.136


<春のキャンドルの会~ストーリーテリングのおはなし会~>
ろうそくの灯りの中で色々な国の昔ばなしを聞く「キャンドルの会」を開催します。日本や世界の昔ばなしを聞いてみませんか?

開催館 日程
城北(電話474-1725) 3月17日(金曜日)午後6時~6時30分
流通元町(電話422-0202) 3月18日(土曜日)午前10時30分~11時
中央(電話456-0234) 3月22日(水曜日)午後3時~3時30分
浜北(電話586-8200) 3月25日(土曜日)午前10時30分~11時
はまゆう(電話482-1127) 3月26日(日曜日)午後3時~3時30分
都田(電話428-0011) 3月28日(火曜日)午前10時30分~11時
北(電話436-6646) 3月28日(火曜日)午後3時~3時30分

◇対象は小学生以上(長い絵本の読み聞かせを楽しめるなら、年長児くらいでも参加可能です。)
◇申し込みは不要です。当日直接会場にお越しください。
◇小学生以下のお子さんが午後6時からの会に参加する場合は、保護者の同伴でお願いいたします。おとなの方もどうぞ。

<中央図書館展示のお知らせ>
「おめでとう!だるまちゃん誕生50年~だるまちゃんシリーズと加古里子作品の世界~」

だるまちゃんシリーズが刊行されて今年で50年。シリーズ絵本を始め、加古里子さんの作品を展示します。
展示期間:展示中~3月22日(水)
場所:1階児童書コーナー

<井伊直虎にまつわる図書館関連トピックスのご案内>
浜松市立図書館ホームページに「井伊直虎にまつわる図書館関連トピックスのご案内」を掲載しました。
井伊直虎とその時代の浜松周辺についてもっと知りたい!調べてみたい!という方は、ぜひご利用下さい。
詳細はこちら ➡ http://www.lib-city-hamamatsu.jp/info/index.htm
<英語多読資料の紹介【中央図書館所蔵】>
英語多読とは? ➡ やさしい本から始めて、辞書を使わずに、わからないところを飛ばしながらたくさんの本を読むことを「英語多読」といいます。少しずつ読むレベルを上げていき、大人向けのペーパーバックが読めるところまで英語読書力を上げる方法です

◇Oxford Reading Tree シリーズDecode and Develop  YL0.0-1.1
Oxford Reading TreeシリーズでおなじみのKipperやFloppyたちの新シリーズ。
やさしい本をたっぷりと楽しめます。

◇I Can Read!シリーズ  YL0.3-2.4
50年の歴史をもつアメリカ学習絵本。簡単でほのぼのとした物語が中心です。

◇Black Cat Earlyreadsシリーズ  YL0.5-1.1
RapunzelやThe Little Mermaidなど有名な昔話が楽しめます。

◇Magic Tree Houseシリーズ  YL2.4-3.0
JackとAnnyの兄妹が、魔法のTree Houseに乗り時空を超えて冒険に出かけます。多読図書としても人気が高いシリーズです。

【YLとは?】
多読資料の裏面に貼ってあるシールYLをご覧ください。YLとは、読みやすさレベルの略です。YL(読みやすさレベル)は0.0から9.9まであり、YL1が英語圏の新小学1年生程度、Harry Potter(第1巻)がYL6.5、大衆小説はYL7~8です。

<レファレンスサービスのご紹介>
レファレンスとは調査研究から日常の疑問まで、参考となる図書館資料や情報をご紹介するサービスです。

Q. 橋の数え方を教えて下さい。

A  「本、基(き)、橋(きょう)です。特に河(川)にかけられた橋を数える場合は「本」、建造物として橋を数える場合は「基」を使います。
【参考文献】
「数え方辞典」小学館

※プライバシー保持のため、質問内容は一部修正してあります。

<はままつ図書館だよりバックナンバー>

携帯電話用ホームページ

携帯電話用ホームページQRコードQRコード読取対応のカメラ付携帯電話で簡単にアクセスできます。

http://www.lib-city-hamamatsu.jp/m/