はままつ図書館だより|浜松市立図書館

はままつ図書館だより

2015年10月10日号 No.119


<読書週間「いつだって、読書日和」>
読書週間は戦後まもない1947年(昭和22年)に「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもとに始まりました。第1回の読書週間は11月17日からの1週間でしたが、多くの反響があり第2回から10月27日~11月9日までの文化の日(11月3日)をはさんだ2週間に拡大されました。60年以上前に始まった読書週間は国民的行事として定着し、毎年全国で様々なイベントが行われています。第69回となる今年の読書週間のテーマは「いつだって、読書日和」。 暮らしのスタイルに、人生設計のなかに、新しい感覚での「本とのつきあい方」をとりいれていきませんか?浜松市立図書館でも読書週間にあわせて様々な展示・イベントを開催する予定です。お楽しみに!

<引佐図書館の一部利用制限について>
引佐図書館は、空調改修工事のため一部利用制限がかかります。ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

詳しくは引佐図書館の一部利用制限について(PDF:172KB)をご覧ください。
<中央図書館展示のご案内>
・「JICA浜松ボランティア写真展~青年海外協力隊・シニアボランティア50年の軌跡~」主催:JICA中部
日時:展示中~10月30日(金)
場所:2階展示コーナー向かいの壁面

・「昭和天皇の浜松巡幸展」
日時:展示中~11月30日(月)
場所:2階展示コーナー
<イベントのご案内>
各図書館でさまざまな企画を開催します。今回の掲載分は、いずれも事前申込・参加費は不要です。お問い合わせは、会場の各図書館へ。

「太陽・昼間の星観望会☆」
日時:10月25日(日)午後1時~3時 可新図書館(電話449-1001)
内容:専用の機材で太陽や天体が観望できます。講師に浜松市天文台の方をお招きし、天文の事をいろいろ教えていただきます。

「井伊の赤備え鎧(よろい)で変身!」
10月12日(月)~10月18日(日) 北図書館(電話436-6646)
10月27日(火)~11月1日(日)  南図書館(電話452―1655)
11月3日(火)~11月8日(日)   南陽図書館(電話426-1000)
11月10日(火)~11月15日(日) 東図書館(電話464-2081)
内容:浜松ゆかりの戦国武将、井伊家。紙で作られた「赤備え」を展示します。子ども用のよろいは実際に着ることができるよ!

「奥浜名湖ぐるっとまわってスタンプラリー」 
日時:10月27日(火)~12月27日(日)
細江図書館(電話527-0185) 引佐図書館(電話542-2118) 三ヶ日図書館(電話528―0151)
内容:3館合同でスタンプラリーを行います。それぞれの館で本の貸出1回につきカードにスタンプを1つ押します。3館を巡ってスタンプを3つ集めると、すてきな景品をプレゼント。参加は無料です。

「Let’s enjoy ハロウィーン2015!」
日時:10月1日(木)~11月1日(日) 舞阪図書館(電話592-7000)
内容:今年の『my 舞 スタジオ』、さらに楽しく仮装を楽しめます。撮った写真は『my 舞 スタジオ』展示後にプレゼント。

詳しくは「講座・イベントのご案内」をご確認ください。
<レファレンスサービスの紹介>
レファレンスとは調査研究から日常の疑問まで、参考となる図書館資料や情報をご紹介するサービスです。

Q.文化の日(11月3日)は、昔は違う名称だったと思う。いつから「文化の日」と呼ばれるようになったのか?

A.昭和23年(1948)年、「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」として国民の祝日に制定されました。それ以前は「明治節」といわれ、明治天皇誕生日にちなむ祝日でした(昭和2年制定)。
【参考文献】「年中行事大事典」吉川弘文館/「記念日・祝日の事典」東京堂出版
※プライバシー保持のため、質問内容は一部修正してあります。

<はままつ図書館だよりバックナンバー>

携帯電話用ホームページ

携帯電話用ホームページQRコードQRコード読取対応のカメラ付携帯電話で簡単にアクセスできます。

http://www.lib-city-hamamatsu.jp/m/