国立国会図書館・図書館向けデジタル化資料の利用

城北図書館インターネットコーナーでは、国立国会図書館「図書館向けデジタル化資料送信サービス」を無料でご利用頂けます。有料で著作権範囲以内でのプリントアウトも可能です。

国立国会図書館・図書館向けデジタル化資料送信サービスとは

これまで国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手困難な資料を全国の認可を受けた図書館で閲覧できるようにしたサービスです。 これまで国立国会図書館内でしか利用できなかったデジタル化資料を、城北図書館で利用できるようになります。 当サービス及び送信対象となる資料の詳細については、国立国会図書館デジタルコレクションをご覧ください。

利用できる資料

利用できる資料は、国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手困難な資料約138万点です。(平成27年1月現在)

利用可能な方

浜松市立図書館の利用者登録をしている方

申込

受付は城北図書館2階受付カウンターで承ります。国立国会図書館デジタル化資料の利用をご希望の旨おっしゃってください。別途申込書をご記入いただきますので、図書館の利用者カードをご持参ください。

閲覧・複写

城北図書館内の指定端末で、国立国会図書館のデジタル化資料を検索し、本文を画像で見ることができます。また、複写(画像の印刷)を希望する場合には、複写サービス(有料)を利用できます。(申し込みが別途必要です。)


詳細は国立国会デジタル化資料送信サービス(PDF:299KB)のご案内をご覧ください。